and high thinking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
つくば ちゃんちゃんこツアー


茨城のつくば市へ、ちゃんちゃんこツアーに出発。事前に下調べをしていたら『パンの街つくば』という一面があること知り、朝一にパン屋さんに立ち寄る計画をたてた。そして朝9時に都内を出発、1時間半のドライブでつくば市のダヴィッドパンへ到着。住宅街にこじんまりとした店構え、ベビーカー用のスロープに描かれたイラストもなごみます。



店内にはフランス人のダヴィッドさんが焼いたパンがショーケースにズラリ。バケットからマカロンやカヌレなどのお菓子までどれも美味しそう〜注文している間に、続々と人が来て店内に列ができました。早い時間でも売り切れてしまうことがあるというのが納得です。イートインもできるので、オーガニックコーヒーと焼きたてサックサクのクロワッサンでパリのマダ〜ムな朝食に大満足!看板娘のお嬢ちゃんも可愛かった〜。



そして間もなく和布工房はんてん屋へ到着。夏の時点で早々とはんてんとちゃんちゃんこをオーダーしたうちの不思議な旦那様。
手縫いで丁寧に仕立てられた天然素材の綿入りはんてん。その温かさと心地良い軽さに興味を持った姉と友人と、せっかくなのでお店に行くツアーを組むことになったのでした。
久留米絣や会津木綿などから生地を選び、裏地の色や、襟の素材や袖の形などを決めて行きます。
それぞれの注文を終え、一息ついた時、女子の興味を惹いたのは腰布団なるもの。綿入りのカフェエプロンといったところかな?といっても昔からあるものらしいのですが、これが冷え性や腰痛持ちの女性からも絶大の人気らしいです。
はんてんづくりや和裁などのお教室も開催されているようで、いつか自分で作ってみたいものです。



霞ヶ浦まで30分程走り、うなぎの山中へ。蓮田が続く中、民家のようなお店でうなぎを頂きました。うなぎやさんのお母さん情報で『近くの十二屋さんという豆腐屋で芽蓮(メバス)が売ってて美味しいよ。』と聞いて立ち寄ってみた。残念ながらタイミングが合わずメバスは買えなかったけど、道の駅では旬のレンコンをはじめ、新鮮な野菜をゲットして温泉に入ってちゃんちゃんこツアーを終えました。
travel comments(0) -
鹿児島 しょうぶ学園


Factory1202の川畑さんに知的障害者支援施設しょうぶ学園に連れて行ってもらいました。しょうぶ学園では約100名の方が木工、陶芸、刺繍、紙すきなどのクラフトや絵画を各工房で作られています。その多くは決められた物を作らされるのではなく自分の好きなものを自由に作っていたので、作品たちの創造性の豊かさにとてもショックを覚えました。ちょっと言葉では表せないくらいステキな作品ばかりなので、施設というより芸術村にいるような気がしました。



布工房では刺繍の他、機織り、テキスタイルデザインなどに取り組まれていました。作風や作業への取り組み方も様々でド肝を抜かれました。集中して作業するみなさんから出るアルファ派でいっぱいのしょうぶ学園でした。ショップには彼らの作品や、パンの販売などもされています。Nui Projectは本当に刺激的な刺繍作品がたくさん紹介されていて、とてもオススメの本です。東京に帰っても力を失わない木の器。それは真の心地良さが産み出した作品だからなのでしょうか。
travel comments(0) -
鹿児島ashへ


紅葉がちょうど見頃の鹿児島に行きました。まずは霧島神宮など周辺のパワースポット巡りから。写真は皇子原公園のもみじの大木。



龍馬とおりょうさんが登ったという高千穂峰へ山登り。レンガ色の溶岩がゴロゴロして、惑星を歩いているような気分?ちょっと宇宙チックでした。あいにくお天気には恵まれず、風速15m以上の山頂では私の髪の毛が凍りました。冷たくなったおにぎりを飲み込むようにお腹に入れ、新湯温泉につかれる事を楽しみに下山しました。



ash-Satsuma Design & Craft Fair-アッシュ サツマ デザイン アンド クラフト フェア2008.11/29-12/7に行きました。期間中、主に鹿児島で活躍する作家の作品やプロダクトが展示・販売され、各店舗を周りながら鹿児島ならではのお店と作品を楽しめるイベントでした。tredunoで行われたトークショーもたくさんの人で盛り上がっていました!



というわけで、私も鹿児島のフリーペーパーjuddを片手に、市内のお店巡りを楽しみました。まずは桜島を目の前にしたDWELL。石蔵を利用した広々とした空間でお買い物を楽しんだり、千駄ヶ谷のTAS YARDでもおなじみの黒豚の生姜焼きと美味しい珈琲を頂きました。



早々にたくさんのショップを全て巡り終えたメイちゃんとWAFFLE CAFE LU-CAで女子トーク。スタンプを集めたら先着順で木の器がもらえたようですね。



みんながお気に入りという湯豆腐ごん兵衛へ。大正7年から続く店ということを、お母さんが大きなしゃもじの上で豆腐を手際良く切りながら教えてくれました。湯豆腐と串焼きをつまみに焼酎のお湯割もう1杯!とついついたのんでしまうようなところです。
と、気づけば食べてばかりです…が、ショップ巡りの方も行く先々で満喫しました!ベタな観光地巡りからashまで、刺激をたくさんもらった鹿児島ツアー、楽しかったな。お世話になった皆様ありがとうございました。
travel comments(0) -
金時山で見る富士山




今日は素晴らしい天気で絶好の山登り日和。箱根の金時山へハイキングに行きました。金太郎が住んでいたと言われる岩を越えて登りは1時間半。山頂で食べたおむすびと富士山の絶景は最高!疲れが吹き飛ぶようでした。





姥子温泉 秀明館で一息。ここはお部屋を借り、浴衣でゆっくりとくつろげる温泉です。大正時代の建物をそのまま使われていて情緒たっぷり。温泉は石けんやシャンプーは禁止です。天井の高い石造りの浴槽がひとつ。お湯はちょっと熱めだなと思ったら、もっと熱く岩場までお湯がたまる時もあると常連の方が教えてくれました。いかにも温泉ファンにはたまらないといった雰囲気のある温泉です。



その後、御殿場の二の岡ハムへ。6時の閉店ギリギリで滑り込みました。友人から聞いていたボロニアソーセージやベーコンを買い込みました!カリカリに焼いたボロニアソーセージをトーストにのせるのが最近のお気に入りの朝食です。
more photos
travel comments(4) -
UHNC


夏休みの甥と一緒に、ニセコのサヒナキャンプ場に行ってきました。今回のキャンプのホストの石川さんと、ジンギスカン鍋&ダッチオーブンで料理をしようという事で、いよいよ楽しみにしていたウルトラヘビーニセコキャンプのはじまりです!
石川さんのジンギスカンはもちろん、DOコンボでサクラチップのほたてのスモークもとても美味しかった!うちは10インチDOで作ったパンもまずまずのできあがりで、今後も作ってみたい料理がひろがりました。
日も落ちて寒くなり、東京の暑さが嘘のよう。焚き火名人マガラさんから火の扱いをちょっとだけ教わった甥。夜空にはたくさんの星と天の川。



冬場のみ営業する玄天cafeのゲルと隣接するGENTEMSTICKのショールームへ。歴代のモデルやニューモデルが整然と並んでいました。夏のニセコは初めてでとても気持ちよくていいな〜と思いましたが、ショールームにいると早くも雪山でGENTEMSTICKにのるのが楽しみになってきました。



ニセコのあちこちに広がるひまわり畑。とてもキレイなので車をとめて見に行ってみました。近くに行くとコウタロウよりも背の高いひまわりに囲まれ、嬉しそうに笑っています。さっきまで怒られていたのに、立ち直りの早い甥です!ニセコアドベンチャーセンターではラフティングやクライミングを楽しみました。尻別川でのラフティングは暑い日差しの中でも川の水はとても冷たくて気持ちよかった!キッズクライミングは小さな子供もたくさん楽しそうに登ってました。慎重派の甥も最後の挑戦で上まで登れるようになりました!



楽しみにしていたカフェのんきせんへ。緑の中にたたずむ枕木でできた建物はどっしりとして、のんびりとした時間が過ごせるステキなところ。
美味しいお好み焼きと焼きそばの入ったモダン焼きが私たちをまたホッとさせてくれるのでした。



お世話になった石川さん夫妻、GENTEMの皆さんとお別れして千歳空港に向かう途中、支笏湖のポロピナイでウグイ釣りを楽しみました。



予約していた8:30出発の飛行機に乗るため、早めに空港にてチェックイン。ところがなぜか『手続き終了』という案内が…。カウンターで聞くと、私たちが夜の8:30と思っていた予約便は朝の8:30だったのでした。たくさん遊んで疲れた身体とお財布にしみわたる一撃でした。
more photos
travel comments(16) -
富士屋ホテルで写真部




少し前の激しい雨降りの日、箱根で休日。散歩もできずに残念だな〜と思いながらチェックインしてみると、お部屋がなんとチャップリンの部屋だった。お気に入りはバスルームの花頭窓がかわいかったこと。ここぞとばかりに大喜びで写真部する怪しい夫婦。



翌日もまた雨。紫陽花とかたつむりは雨降りがよく似合いますね。朝食に食べたパンケーキ富士屋風はクレープみたいでおいしかった。
写真部のアルバム。
travel comments(6) -
大地堂のパン〜cafe NOKA〜信楽へ


滋賀フリータイムも残すところ半日、姉のガイドで大地堂のパンをピックアップするコースからスタート。店主の中田さんはドイツでディンケルという古代小麦と出会い、日本で初めてそのディンケル小麦を自ら栽培され、焼き上げているそうです。そんな大地堂を雑誌のパン特集で知り、東京から予約を入れていたのです。
琵琶湖の瀬田から車を走らせ1時間ほど。小麦色の小麦畑が見られる、のどかな田園風景を見ながら日野の大地堂へ到着。ちょうどバケットが焼きたて!来られてよかったね〜と香ばしいバケット噛み締める3人でした。
小麦の原種と言われるディンケル小麦は変わっていて一般の小麦が小麦色になる頃もまだ青々としているんだそう。
中田さんのお父さんにも日野椀や町のお話を聞かせてもらったり、お姉さんは陶芸家でステキなご家族でした。大地堂の味わい深いパンは中田さんにしか焼けないパンなんだね〜と3人のモグモグは続くのでした。



珈琲セブン社の方が教えてくださったgallery yamahon/cafe nokaへ。ちょっと見落としてしまいそうな山間の街道沿いのショップに到着すると古い倉庫を使った大きな空間が広がるギャラリーでは土の記憶展が開催されていました。エジプトのピラミッドの古代のタイルなどの展示も実際に手に取って見られるし、大きなギャベも広い空間でこう見られるなんていいなぁ。



素朴な佇まいのカフェで珈琲を頂きました。お庭に咲いてるのは風の乗って飛んで来たと思われる雑草の花々。気取らないその感じや、昔の柄入りの板ガラスや針金入りのガラス窓もまたいいかんじなのです。窓から入るすーっとした風、ここで昼寝できたらどんなに気持ちいいんでしょう。



cafe nokaからほど近い『いっぷく茶屋 山のたまご』へ。平飼いの養鶏場の直営のようで、新鮮な卵と鶏肉料理がメイン。店内はバイクのツーリングチームやファミリーでほぼ満席。地鶏刺身や焼鳥などのメニューもありドーム型の鉄板でジュージューしてる人もいました。夕食に一杯のみながらなんていうのも良さそうだな〜と思いながらも、サクッと正しいお昼ご飯を頂きました。オムライスは計算されたようなシンプルなピラフでとろっとろの卵の味が引き立ちます!親子丼うまいです!



あっという間だけど、充実したフリータイムも終了。待っていたのは信楽のたぬきちゃん達。傘は災難を避けるためだったり、縁起物だって事初めて知りましたよ。
一方、お別れしたダンナ様は…信楽のmiho musiumで与謝蕪村展を堪能していたようです。滋賀とってもよかったな〜!
more photos
travel comments(6) -
近江八幡 尾賀商店へ


近江商人のふるさと、近江八幡は昔の商家や宣教師ヴォーリスが残した洋風建築も残る情緒ある町並み。ここは築150年の古民家を利用して5つの店が集まったセレクトショップ尾賀商店。近くまで到着していながら場所がわからない私たち、何度か電話で問い合わせながら到着すると、ニコニコ笑顔で店主のおふたりが店先で待っていてくれたのが嬉しかったな。



やわらかい光の店内は大きな商家らしく土間でいくつもの部屋が繋がっていて、どこを切り取っても絵になるかんじ。骨董・皮製品のセレクトや照明作家さんの灯り、個性的なハンコ屋さん、陶器、ギャラリー、珈琲店を前にキャッキャッせずにはいられないステキな空間でした。



珈琲セブン社は商店内の居心地の良い場所、つまり好きな場所でコーヒーを頂けるという粋なはからい。私たちは通りに面したカウンターを選び、美味しいコーヒーで一息。格子窓から夕方の日常を眺めると学校帰りの小学生、高校生のお兄ちゃんと散歩中の柴犬に出会いました。声をかけたらウググゥ〜ッとなりながら戻って来てくれたピーコちゃんです!



そして尾賀商店を満喫した私たちも散歩に出ると、子供が「こんにちは」と普通に挨拶してくれました。近江八幡は町並みも人も気持ちが良いところ。『売り手よし、買い手よし、世間よし』という近江商人の精神が今も受け継がれているんですね。





そして夜は琵琶湖を眺められるホテルの鉄板焼きで近江牛。最後の〆に出て来た近江牛ステーキのホットサンドロール、これが絶品!近江牛とはいかないけど今度うちでも作ってみたくなるゼイタクな一品でした。
travel comments(4) -
石山寺で源氏回廊〜浮御堂


滋賀出張の合間1.5日はフリータイム!タイミング良く京都出張だったダンナと合流。なぜか!?旦那スタイルで登場してびっくりですわ…もう。そんなダンナ様のガイドで滋賀ツアーは近江一宮の建部大社をお参りしてスタート。紫式部が源氏物語の構想を得たと言われている石山寺では、源氏物語の千年紀の源氏夢回廊が行われています。瀬戸内寂聴さん訳の源氏物語を読書中なのでワクワクです。



世尊院では、ダンナに負けじとワンコインでコスプレした末摘花。島崎藤村ゆかりの密蔵院では現代のアーティストの作品が展示。女性の書家の方が全帳書き上げた大作や、トイレットペーパーを巻物にして書かれた面白いものもありました。



巨大な石や岩が切り立った迫力のある境内も有名ですが、普段は入れない塔頭のお庭に入れるのも魅力です。公風園はその名も『カフェ・ド・ゲンジ』。なんだかしゃれてます。ここでお抹茶とお菓子で一休み。



石山寺を後にして滋賀院門を散歩しながら鶴喜そばで美味しいにしんそばを頂き、そして近江八景のひとつ浮御堂へ到着。立派な松のある橋を渡って琵琶湖に浮かぶ御堂をお参り。水面を眺めていると船の上にいるような感覚に、ぼ〜っと風に吹かれて琵琶湖の景色を眺めるのが心地いい。人も少なかったせいかもしれませんが、ゆったりした気持ちになれてすごくよかったです。夕暮れや満月の夜にも訪れてみたいです。浮御堂近く、採れたて稚鮎の佃煮は美味しかった!
travel comments(4) -
茅野〜クラフトフェアまつもとへ


ガレージやデッキが男っぽくなってたり、ニワトリ3兄弟が増えてたり、毎度楽しいダンタクマ邸で一泊させていただきました。前日に完成したばかりというシャワールームと石のアプローチを仲良くお掃除するダン夫妻。「ホントに森の中でシャワーを浴びてるような開放感だ〜!」と、誰よりも早く入ってしまったうちのダンナが申しておりました。トビラの取手の鹿の角も格好良かったな〜!!



茅野からクラフトフェア松本へ到着、あがたの森公園はすでにたくさんの人たち。木工、陶芸、鉄などを中心に個性的な作品が一堂に!出品者はキャンパーのようにタープを貼ったりして、新緑の中でくつろいだ雰囲気。ところどころから、美味しそうな匂いが漂ってきて五感もおなかも刺激されます。



綾織りの麻の織物に目が留りました。美しいな〜と実際手にとってみるとやさしい風合いがとてもいいのです。すると「亜麻の香りも嗅いでみて」と、嬉しいことに松本の作家の日高雅恵さんが実際に麻を紡いで見せてくれました。束になった亜麻にも顔を近づけてみました。初めての経験でしたが、草のような亜麻仁油にも似た香り。



リズミカルに繊細な細さで亜麻を紡いで行かれる姿は、見ていても気持ちがいいものですね。ご主人は木工作家で同じく出展されていて、とてもステキでした。帰ってHPを見て改めて日高さんの暮らしはカッコイイな〜って憧れます。日高さんの手塩にかけられた織物を日常で使ってみたくなります!



会場についた時からハラペコ気味の一行。女鳥羽川近くの蕎麦屋を目指し、お腹もホッとした後には、中町通りで古い蔵を利用した民芸店巡りの散歩。そしてシュークリームが有名な『マサムラ』でデザートタイム。ここのシュークリーム5種類あって、お店のお姉さんに違いを2回聞いてようやく理解できました。チハヤちゃんオススメのベビーシューを大人4人で立ち食いです!



デザートでしめたハズ?ですが、いいんです。食べたい時が食べごろです。『グルメ』の店構えを見ながらスルーできませんでした。コロッケサンドをオーダー。できたてのサンドをカットしてもらって、またまた買い食い。焼きたてサイコ〜!!ここの業務用ホットサンドメーカーも気になる。サンドの種類はかなりたくさんあるそうです。
というわけで、結局いつも食べてばかりですが、松本またゆっくり訪れてみたいです。
morephotos
travel comments(6) -
<< | 2/7 | >>