and high thinking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
マッシュポテトのモンスター
mashed potato monsters

北海道から届いたじゃがいもで作ったマッシュポテトのモンスターファミリー。ヨーグルトとブロッコリーのソースと一緒に、今晩の娘の離乳食になる予定です。
food - -
くまのブンチンくん、冬支度
for a winter

奈良で出会ったクマの文鎮くん。お菓子のテーブルに江籠さんの小さなりんごをのせて、
そろそろ冬支度をはじめたようです。
life - -
訳あり! UHセラミック・クッカー
UH ceramic cooker

千駄ヶ谷のタスヤードの横にある期間限定セレクト&カスタムショップ、BIRD HAUSに行ってきました。詳しくはカーサブルータス11月号『石川顕の店長日記』をぜひご覧ください。
goods - -
りんごとにんじんの寒天ゼリー
baby food

樹の離乳食を朝晩2回食にしてから便秘が続く。このところマグマグのストローでゴクゴクと水分補給もできているし、単純に水分不足ではなさそうに思える。
ヨーグルトやプルーン、食物繊維が豊富な芋類をあげてもあまり効果がない様子。便秘にいいと聞いた水溶性の食物繊維を含む寒天、長いことキッチンにストックされていた長野県茅野産の白牡丹という角寒天を使って試してみる。
この白牡丹、国産の天草を使用している最高級のものだそうで、ねばりと固まる力が強いととのこと。なので、水分を少し多めにして作ったリンゴジュースとにんじんの寒天ゼリー。
口当たりがいいので娘はモグモグと食べてくれて、頑固な便秘ちゃんひとまず解消!寒天メニュー、もう少し様子をみてみよう!

追記
寒天は離乳食の初期、中期には向かないと表記のある離乳食本もあります。
7ヶ月の娘には、柔らかめに仕上げた寒天ゼリーを喉につまらない様な形状にして少量づつ食べさせていました。

レシピ覚え書き
◎白牡丹寒天 5g ◎水 300cc ◎リンゴジュース 300cc ◎茹でて裏ごしした人参20g
*寒天は30分〜60分くらい、しっかり水にしたしておく。
*弱火でゆっくり煮とかし、裏ごしにんじん、リンゴジュースを加える。
*型に流し込み固める。
*喉につまらないような形状で与える。


food - -
vitamin cube
freezing baby food

娘のお食い初めから2ヶ月ちょっと、8月半ば離乳食をスタートした。最初はなかなか食べてくれなかったけど、9月に半ばからは美味しそうに食べてくれるようになった。
できるだけ出来立てのものを用意したいと思うけれど、時間のあるときに多めに作ったものをフリージングしておくのはやはり便利。おかゆと野菜のビタミンカラーがちょっとキレイだったので並べてみたくなっちゃった。
food - -
五輪糖
rakugan wagashi

四国は丸亀の猪熊弦一郎現代美術館で行われている、杉本博司『アートの起源』から帰って来た主人からのお土産。うす桃色とうす緋色とうす黄色の三色、積み木のように灯籠を組みたてられる和三盆の干菓子。
goods - -
ちぎばこ
chigibako omamori

関東のお伊勢さまといわれる芝大神宮は、ビルの谷間にひっそりと鎮座する一千年の歴史ある神社だそう。 友人へのお守りを頂きに娘と参詣に行った際、千木筥という縁起物を見つけたので娘へひとつ頂いてきました。 千木が千着に通じるところから女子が衣装持ちになり、良縁に恵まれることを願うもの。タンスに納めたり、神棚にあげるといいと聞きました。
goods - -
絣のベスト
baby kasuri vest

お食い初めのお膳にあうような和風な羽織を作ろうと思い立ち、ちょうど手ぬぐい程の絣が残っていたので、ベストを作ることにしました。
6ヶ月サイズだとまだ身幅も小さく、布地を縦で使えたので雪んこ柄もそのまま活かせました。裏地に赤い麻布を使ったので、お洋服のパターンでもちゃんちゃんこ風になりました。 

パターン:『小さくてもきちんとした服―ニューヨークの子ども服6か月から3歳まで』より
  baby kasuri vest

お友達が送ってくれたのは、高知の四万十 kua papaさんからのとれたて新鮮なお野菜。
そのままで十分美味しい!生命力を感じる野菜たちです。
craft - -
お食い初め
weaning ceremony

weaning ceremony

生後100日を迎えた娘のお食い初めをしました。一生食べ物に困ることがないように行うセレモニー。娘にとってはじめての食事。お料理は心を込めて、鯛は主人が七輪でじっくりと焼き上げてくれました。
器は儀式的なものより、後々まで使える気に入ったものを選ぶことにしました。漆器は以前お邪魔したことのある、山中の工房千樹の佐竹さんより、ごはん茶碗は鳥獣戯画の京焼きの孫茶碗を揃えました。小さいお椀って可愛らしい。
お吸い物の蛤は、将来良い伴侶に巡り会えるようにと願いを込めて、そんな先のことを今から想像していたら涙が出そうになっちゃった。
food - -
scissor cases
scissor cases

これから先、子供がケガをしないようにと洋裁のハサミケースを出産前に作っていました。
ソレイアードのパッチワーク用のハギレにキルト芯を挟み込んで大きいミシン目でキルティングにしてから、作ったものです。
この先しばらくソーイングは出来ないかも…と思ってせっせと作ったことを思い出します。
出産から三ヶ月が経ち、生活のペースが掴めてきたこのごろ、思っていたよりも早く娘のものを作り始めたくなりました。
craft - -
<< | 2/42 | >>