and high thinking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ブラシの花


一年程前、YARDの梅津さんに鉢植えしてもらった『ブラシの木』の花が咲きました。南国ムードたっぷりの真っ赤な花は本当にブラシのようです。ミツバチも『どんなもんかい?』とリサーチに来ました。原産国はワールドカップの対戦相手のオーストラリアです。



ブラシの花のそっくりさん?ブラシの花がそっくりさん?ケメックスのコーヒーメーカー専用ブラシです。初めて真っ赤な花が咲いた時、このブラシを思い出しました。大変洗いやすくて気に入っています。
plant comments(3) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








ブラシの木?知らなかったなあ・・・。南国ムードたっぷりの、情熱系とお見受けいたした。ケメックスのブラシも知らなかった。こそっと仕入れてますねっ!カユイところに手が届きそうな逸材とお見受けいたしましたぞ。
from. marumama | 2006/06/07 19:01 |
きれい。きれい。花の名前って「クスっ」ってできる素敵なものが多いですよね。どんな人がその名前を付けたんだろう。お手伝い好きな女の子だったり、仲の良い老夫婦だったり、私の妄想は膨らみます。。
from. ゆっこゆっこ | 2006/06/07 23:18 |
ブラシの花って私も初めて見てビックリしました。白い花の種類もあるようです。ホントに花の名前って誰が付けるのでしょうか?名付け親になってみたいよね。ちなみにブラシの木はフトモモ科でユーカリの仲間。
学術名はCallistemon speciosus、Callistemon(カリステモン)は、ギリシャ語の 『kallos(美しい)+ stemon(雄しべ)』が語源。
だそうです。花の学術名って調べるとおもしろいですよね。このブラシの花もかゆいところに手が届くかも?
from. plainliving | 2006/06/08 00:21 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://plainliving.jugem.jp/trackback/43
<< NEW | TOP | OLD>>