and high thinking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
高山寺〜竜安寺〜建仁寺へ


五条堀川のまるき製パン所で朝ごはん。早朝から地元の人がたくさん買いにきていました。コロッケパンやチョコパンを買い込み、車の中でモグモグ。昔ながらのお総菜パンはとっても美味しい!ここから高山寺のある栂尾山へ向かいました。



杉の大木に覆われた表参道の石畳を登り、高山寺の金堂でお参り。スポットライトのように木漏れ日が苔を照らし、空気も澄んで気持ちいい場所。栄西禅師が中国から持ち帰ったお茶の種を明恵上人が植えたという日本最古の茶園がありました(写真右下)。



国宝鳥獣人物戯画や伝運慶の木彫りの犬などで有名な高山寺の石水院は、簡素なたたずまい。まるでおばあちゃんの家に来たみたいな気分で、ぽかぽかの縁側でお昼寝したくなる心地よさ。運慶の仔犬はコロコロとしてかわいかったな。



続いて竜安寺へ。散りはじめのもみじと苔が美しい広い庭と有名な枯山水の石庭。絶対一度に見ることのできない15個の石。私のカメラではこれが限界!



南禅寺の湯豆腐は有名ですが、ここ竜安寺の西源院では美しい日本庭園を眺めながら湯豆腐や精進料理がいただけます。ボリュームがあると思ったけど、なめらかなお豆腐をペロリと美味しく頂き、体も温まりました。



竜安寺の鏡容池の周りには紅葉のもみじや桜の木が並び、おしどりが気持ちよさそうに泳いでいました。もみじ拾いにしばしはまった私。



祇園にある日本最古の禅寺、建仁寺へ。中国からお茶の種を持ち帰った栄西禅師のお寺と知って、お茶と縁がある旅かも?大きなお寺には、庭、石庭をはじめ見所盛りだくさん!



美しい日本のデザインがここ建仁寺にはたくさんありました。



風神雷神のような有名な絵も多数ありましたが、私はこのふすま絵に思わず顔がにっこり。わーいわーいと声が聞こえてきそう!フォークダンス?私も仲間に入れて〜!



法堂には釈迦如来が祀られ、2002年に創建800年を記念して描かれた天井の小泉淳作画伯のあうんを表す双龍が大迫力。



建仁寺の塔中のひとつ禅居庵の摩利支天堂へ。摩利支天は、猪に乗った姿で描かれていることから境内のあちこちに猪が見られます。狛イヌならぬ、狛イノが迎えてくれます。来年の干支は亥、そして私も年女!
more photos
travel comments(3) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








見ごたえあるね〜〜
夫婦で楽しんでるね〜この季節の京都には5年前に行ったっきりです。
とても楽しめたよ〜
美味しいものもたくさん食べてるなーーーいいなぁ。
from. chikako | 2006/12/09 21:57 |
ん〜〜とうなりました(^^)

旦那が言ってました
NOJIKOさんみたいな人は物の見方を心得ているって
だから写真も上手いって〜!

私もそう思います

空気感や温度・湿度まで伝わってきますよ〜
from. ひろこ | 2006/12/09 23:37 |
chikakoさん
気づいたら写真てんこもりでアップしてしまいました。
短期間で美味しいモノ食べられる胃袋が二つほしいです〜。神戸にも行ってみたい!

HIROKOさん
そんなに褒めていただけて鼻血がでちゃいそうです。嬉しいです(^^)


from. plainliving | 2006/12/10 00:27 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
竜安寺の境内にある西源院で七草湯豆腐(湯どうふ)をいただく。お豆腐は一口食べて...
| まろまろ記 | 2007/01/18 22:37 |
<< NEW | TOP | OLD>>