and high thinking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
これにて石けんはしばらくお休み

autmun soap


とにかくこの春は石けんをたくさん仕込んだ。なかでもの一番お気に入りはカレンデュラの石けん。しばらく石けん作りはお休みすることになるのかな?


dry calendura flowers


トイプードルのまるちゃんがお散歩中に、ファミリー農園で栽培していたカレンデュラを摘んでドライにしてくれたもの。なんだかもったいなくて使えないキレイな色。

soap - -
廃油からキッチンソープと粉せっけん


laundry soap


古くなってしまった石けんや型抜き後の半端な石けんが、粉せっけんに生まれかわりました!手順はわかりやすく説明してくださっている『くまぐま☆なちゅ』さんのブログを参考にさせて頂きました。フードプロセッサーでかなり細かく粉砕できたので溶け残りはないようです。手洗いでの洗濯石けんとして活用しています。


handmade kitchen soap


そしてキッチンの天ぷら油の廃油からも、固形のキッチンソープと粉せっけんを作りました。普通の家庭から出る油なので、そこまでひどい汚れやニオイではなかったけど、実験的に塩析を体験してみたかったので挑戦してみました。グレーっぽいのは、以前竹炭を入れすぎて、使いにくく残ってしまった真っ黒の石けんをリバッチ&塩析したものです。

ペットボトルの容器で固めてスライス。なんとく味気なかったので、保存瓶のガラス製のふたをスタンプ代わりにしたら、サイズがぴったり!キッチンにストックするのにもちょっとかわいくなりました。

soap - -
半透明石けんとモザイク石けん

transparent soap


数年前の春先。キラキラと輝く透明石鹸に憧れて挑戦したものの、まだ気温が低いせいだったのか?石鹸が透明にならない…という悲しい失敗を繰り返していました。ビーカーは『ちょっとだけ透明になった?!』な、当時の貴重な部分。


せっせと透明石鹸を仕込んだ翌朝、あきらかに熱帯魚の水槽の景色が変わっていました。昨日まで美しく青々としていた水草が、白い粘菌というものに覆われ空恐ろしい水槽に豹変していたのです。お魚たちは元気そうだったのでホッとしたのを思い出します。


熱帯魚屋さんから、アロマオイルを使用している家や病院でも似たような事があると聞きました。透明石けんのプロセスではエタノールを使用していることが関係しているのかも。雨降りで部屋の換気が悪かったのも原因のひとつかもしれません。目に見えないところで空気中の環境が変わってしまう事もあるんだ〜と、ちょっとコワイなと思った出来事でした。


mosaic soap


長い間眠っていた半透明石鹸を細かく刻み、マルセイユ石鹸を流し込みました。今年の春、ようやくモザイク石鹸ができました。

soap - -
ヘーゼルナッツオイルの石けん
hazelnut oil soap

hazelnut oil soap

ヘーゼルナッツといえば、昨年ヘーゼルナッツオイルを使った石けんを作っていました。ほのかにナッツの香りがする美味しそうなオイルなので、木目風に模様をつけてスプーン型で抜きました。
肌の再生を助けるといわれるパルミトレイン酸を豊富に含んでいるので、オイルマッサージなどにも多く利用されているそう。アンチエイジング効果を期待しつつ、ココアパウダーで薄く色付けしたベースにスプーンを埋め込み、いつもより大きな石けんに仕上げました。
soap comments(3) -
竹炭ミルク石けんだモ〜


も〜しつこいくらいに石けんです。だって牛のクッキー型を買ってしまったんですもの。牛といったら牛乳!マルセイユ石けんに牛乳を入れたミルク石けんを作りました。最後に牛乳を入れたらすごい早さでトレースが出てビックリしました。見えないとこで科学の力が働いているんだな〜。で、竹炭パウダーで黒くした生地でウシ柄にしてみました。表面しか黒が入らなかったので使って行くと真っ白になっちゃうんですけど…。



ウシちゃんだけだと壊れちゃうので、竹炭石けん牧場に確保。ちょっとオコトらしい石けんになりました。



このクッキーもミルク石けん。ウシ型で抜いた残りの石けんを手で丸めたらチョコチップクッキーみたいになったので、全部丸めてしまいました。焼き色がつけられたら美味しそうなんだけどな。うちの食いしん坊さんはひっかかりそうでひっかからなかったけど。
soap comments(9) -
カレンデュラとカモミールのせっけん


カレンデュラはオリーブオイル、カモミールはスイートアーモンドオイルに漬込んだインフューズドオイルを使用。カモミールのオイルがすっごく良い香り、そのままマッサージにも使いたくなります。カレンデュラもカモミールも肌にやさしく荒れた肌のダメージを回復してくれるのではないかと期待しています。オプションで細かくした乾燥の花びら、メープルシロップを入れました。
soap comments(2) -
ピンククレイの石けん


クレイの吸着力でさっぱりとする夏用の石けんを作ってみたくなりました。敏感肌の人にも向くピンククレイならマイルドな石けんになりそうだし、このピンク色に惹かれてしまいました。



ローズのインフューズドオイルを使ったマルセイユ石けんのベースにピンククレイと保湿力があると言われるココアパウダーでマーブルに挑戦。大胆なマーブルにしたかったのでボウルではなく型の中で混ぜてみました。マーブル柄は型だしの時ワクワクするけどイメージ通りにできあがるには難しい!まだまだ修行が足らんです。アポロチョコみたいでかじりたくなるけど、ローズウッドとゼラニウムの香りがするんですよ。
soap comments(3) -
ローズマリーでハンガリー石けん


ローズマリーの花が元気に咲いています。フレッシュハーブを使って久しぶりに石けんを作りました。ローズマリー、ラベンダー、ジュニパーベリー、白ワインを使ったハンガリーウォーター風の石けんは『石けんレシピ絵本』から。ワインで抽出したハーブエキスはとってもいい香りがします。今もほのかに香っていて解禁日が楽しみ。ハンガリーウォーターのように若返りの石けんになるといいんですけど!このローズマリーは観賞用の種類です。葉っぱも香りも柔らかくて繊細。かわいらしい薄紫の花を楽しませてくれそうです。



お料理に使っている食べられるローズマリーの方はたくましい!観賞用に比べて肉厚な葉っぱとスッキリする香りでいつもムキムキと元気です。少し前までちっちゃな白っぽい花がたくさん咲いていました。石けんには香りの強いこのフレッシュハーブを使いました。
soap comments(4) -
ヌーボー石けん解禁


マイファースト石けんが解禁になりました〜。4週間じっと我慢で寝かせていたククイナッツの石けんとレッドパームオイルの石けん。熟成1週間くらいのタイミングでスタンプを押してみました。このスタンプを押す作業っていうのにも憧れてました〜。



最近ずっと肌荒れが重傷だった事もあり、興味を持った手作り石けん。ククイナッツオイルには肌荒れの修復に素晴らしい効果があると知り、初めて作った石けん。ワクワクドキドキで使ってみた感想は、泡立ち感はそれほどでもないけど、洗い上がりのしっとり感と保湿力が感じられました。自分で作ったという事もあって本当に感動的でした。黄色い石けんも肌荒れ修復効果のあるカロチンとホホバのパワーでしっとりお肌!お風呂に入るのが楽しみになりそう。
soap comments(14) trackbacks(0)
沖縄の石けん


大宜味村の道の駅で買ってきたスターフルーツ。石けんの飾り用にスライスして天日干にしてみたら、アッという間に乾燥、湿度もなく天気の良い日が続いているので、沖縄の素材で石けんを仕込みました。茶油とひまし油、泡盛と月桃茶を煮込みアルコールを飛ばしたハーブエキス、黒糖の黒蜜を使いました。精油はジャスミン、サンダルウッド、ローズウッド。ひまし油を使ったからか1時間でトレースが出てビックリ!



もうひとつはハチミツ入りアロエ石けん。オリーブオイルとマカデミアナッツ油を使い、アロエパウダーで初マーブル模様に!コントラストをはっきりさせたかったのでほとんど混ぜないようにしたら微妙な模様に…。すこし固めにトレースが出るまで待って混ぜる方が良かったのかも?きれいなマーブル模様は難しそう。精油はタンジェリン、マジョラムスイート、カモミールを使いました。只今熟成中で解禁予定日は11月9日あたり。前回作った石けんがそろそろです。
soap comments(7) trackbacks(0)
| 1/2 | >>